マイナンバー制度の話

平成28年1月からマイナンバー制度が実施されますが、
(マイナンバーの通知は平成27年10月から)

みなさんは準備はお済みでしょうか?

『準備って何があるの?』って言う企業様!大変ですよ!

まずマイナンバー制度って何かみなさんもご存知ですよね?
国民1人1人に付与される12桁の個人番号のことです。

この個人番号を利用して、社会保障や税や行政サービスを利用します。
差しあたって身近なところでは、
社会保険、法定調書(給与所得の源泉徴収票など)から利用していくと思います。

マイナンバー制度:http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/corp/

企業にとってマイナンバー制度が導入されるとどうなるのか?

企業は雇用者よりマイナンバーを預かり先にふれた社会保険や法定調書などの手続きに利用します。
さらに雇用者本人だけではなく雇用者の扶養家族のマイナンバーも企業は教えてもらわなくてはならなくなります。

何が大変なのでしょうか?

マイナンバーは特定個人情報に該当します。
ゆえに雇用者から預かったマイナンバー(特定個人情報)の取り扱いに法的な管理義務が発生するのです。

プライバシーマークをお持ちの企業様であれば、
Pマーク同様の適切な管理を行なえば良いのですが、

プライバシーマークをお持ちでない企業様は、
Pマーク同様の管理手順を確立し運用し、個人情報の管理を徹底しないといけなくなります。

Pマークの取得は企業の任意でしたが、マイナンバーの管理は任意ではなく、『義務』になります。
なので中小企業にとっては非常に負荷の高い『個人情報の管理義務』(情報漏えいしないための対策)が発生します。
・個人情報の取り扱い方法の規定
・個人情報取扱者の教育
・漏洩防止策
・インシデント発生時の対応
などなど、もっと沢山のガイドラインが必要となります。

特定個人情報の適切な取扱いに関するガイドライン:http://www.ppc.go.jp/legal/policy/

もしマイナンバー制度の導入がピンと来ていない事業主様
今からでも遅くはありませんのでしっかりとマイナンバーの管理について検討していただければと思います。

でわまた次回。

PAGETOP